英語学習法

音楽を聴きながら英語を勉強すると上達が早い!本当?

音楽が英語学習や日常生活に与える影響

英語や外国語学習教室で、音楽を効果的に使うにはどうしたらいいのでしょうか。ある種の音楽を聴くと、英語教育や英語の学習に大きなメリットがあることがわかっています。

ELT(English Language Teaching: 英語教授法)での音楽や歌の効果は十分に証明されています。

それでは、音楽を聴くことで得られる5つのメリットについて簡単に説明します。

音楽を聴くことで得られる効果

o ミスが減る

脳とその2つの脳半球の統合と機能向上により、集中力と思考力が高まります。このことは、問題への誤った対応が減るため、正しい判断を下すことができます。あなたが何を考え、何をしようとしても、より良い方法で実行できるのです。

o 消化を助ける

一番きれいで、豪華で、高いレストランを想像してみてください。もちろん料理は絶品でしょう。

そのレストラン内は音楽が流れているでしょうか?

おそらくそうでしょうが、その音楽はヘビーメタル・ロック、ラップ、ヒップホップ、アシッドジャズでしょうか?

そんな音楽はほとんどないでしょう。

心地よい感情や消化器系の働きを良くする種類の音楽が流れているはずです。音楽は長い間、食事の消化を促進するために使われてきました。

o 気分が落ち着く

先ほども少し触れましたが、私たちの気分や精神状態は、音楽を聴くことによって影響を受けたり、変化したりします。エレベーターの中でリラックスできるように音楽が流されたりします。病院や医療機関、歯科医院の待合室、さらには空港でも同じことが言えます。

高所恐怖症、落下恐怖症、飛行機恐怖症、歯医者恐怖症の人が、少し落ち着いてリラックスできるようにするためです。

o 活動のテンポが緩やかになる

あなたは音楽を聴きながら仕事をしていますか?

私(ブロガーです)をはじめ、多くのプロフェッショナルはよくそうしています。私が執筆するときは、通常、ベートーベンの曲がバックに流れています。

CD-ROMドライブにスムースジャズを入れれば、穏やかな気分になれるかもしれませんね。締め切りに追われ、集中力を高めたいときは、リズムの速いサルサをCDプレーヤーに入れる。ファーストフード店では、早く食べてもらいたいので、速いテンポの音楽をBGMに流しています。知ってました?

o ノイズや気が散るものから隔離する

外部の音やノイズをコントロールできないときは、音楽をかけると心理的に「かき消す」ことができるかもしれません。私たちの耳は、実際に何を聞くかを選ぶことができます。好きな音楽をかけることで、気が散ることや雑音を打ち消すことができるのです。

音楽を聴くことのメリット

以上述べたのは研究者が発見した、特定の音楽を聴くことによる何百もの利点の一部に過ぎません。音楽を聴くことは、EFLや外国語学習教室だけでなく、私たちの日常生活の様々な場面で効果があります。

これを英語学習に利用しない手はありません。

音楽をBGMにして英語を上達させましょう。音楽を聴いて英語力アップ!

-英語学習法

© 2022 英語をマスターしよう、英語上達への道