英文ライティング

英語のライティングをマスターするには

グローバル化が進む中、英語の習得はますます必要不可欠になっています。英語は、ビジネス、メディア、科学など多くの分野で世界の主要なコミュニケーション言語となっています。

英語を理解するには、英語のライティングをマスターすることが非常に重要です。

そのため、英語に堪能なプロフェッショナルの需要は高まっており、ライティングスキルはこれまで以上に重要な意味を持つようになりました。この記事では、英語のライティングスキルを身に付けるのに必要なすべてのことをお伝えします。

また、英語の練習や上達のための独自の方法もご紹介します。

英作文に上達するための6つの方法

早速ですが、英語のライティングスキルを向上させるためのヒントを紹介します。

1)ボキャブラリーを増やすことが重要な理由

ボキャブラリーが乏しいと、意図することを十分に表現することができません。ボキャブラリーが豊富であれば、より多くの単語を理解することができます。また、自分で文章を書くときにも、正しい文脈で書くことができるようになります。

これは英単語をいつどのように使うかを意識すると可能になります。知らない単語が出てきたら、必ず辞書で調べることをおススメします。そうすることで、その単語の意味や含意をより深く理解できます。単語にそれまで知らなかった意味があることを新たに発見することもあります。こまめに辞書をひきましょう。

また、類語辞典を使えば、その単語の同義語や反義語を知ることができます。これによって、代わりに使う言葉や反対の意味を持つ言葉の幅が広がるというメリットが得られるだけでなく、言葉のニュアンスを理解する上でも有効です。

2)誤字脱字を改善するには

文章にスペルミスがあるとその文章の信頼性や正当性が失われてしまいます。そのため、単語のスペルを正しく書くことが非常に重要です。スペルミスを少なくする方法がいくつかあります。以下に示します。

■ 誤字脱字のリストを作成する
間違えた単語は必ず書き留めて記録しておきましょう。ノートにメモっておくことがとても重要です。そうすることで、視覚的な記憶も鍛えられます。ある程度の数の単語を書き留めたら、関連するトピックやカテゴリーごとにグループ分けをしてみてください。

そうしておけば、失敗から容易に学ぶことができます。もしかしたら、特定の音に戸惑っているのかもしれません。その音のスペルを覚えておけば、将来その単語を正しく書けるようになる可能性が高くなります。

■ スペルをミスする単語が含まれる英語テキストをもっと読む
自分がよくミスする単語や関連の単語が含まれる英文を探します。前のステップを実行した人は、単語のグループ分けがミスの修正にとても効果があることがわかるはずです。

このようにすれば、次に自分で文章を書くときに、出会った単語が頭から離れにくくなるのです。

英文ライティングをマスターする方法

3)英文読解の練習はどのようにすればいいですか?

英文を書くときは、過去に英文を読んだときの経験を生かして、文体、ボキャブラリー、構造などを再現して書くのが一般的です。これは英作文でも同じことが言えます。より多くの英文を読むことで、より多くのスタイル、ボキャブラリー、構造から、自分が英語で文章を書くときに使うものを選びやすくなります。

しかし、学習は楽しいものであるべきで、楽しんでいる人ほど言語を習得できる可能性が高くなります。そのため、丁寧に書かれた文章を読むことをお勧めします。原文でも、他言語に翻訳されたものでもかまいません。様々な形式の英文に触れていれば、知識は大きく広がります。

気に入った文型やフレーズ、単語を見つけたら、メモしておくとよいでしょう。そして、次に英語で文章を書くときに使えるように努力しましょう。

また、どのような文章からその情報を抽出したのかをメモしておくと便利です。そうすれば、何か関連する文章を書くときに、似たような文章から抽出した他の英文を参考にすることができます。

例えば、広告のような具体的なものを書くときには、英文を参考にすることが有効です。他の英語の広告を参考にすることで、自分で書く前に正しいトーンやスタイル、使用されているボキャブラリーを把握することができるのです。

以上、読解力アップに役立ちそうな本の例を挙げてみました。

4)なぜ日記をつけることが重要なのですか?

英語が母国語でない場合、外国語で文章を書くのがおっくうになるのは理解できます。誰もが途中でスペルミスや文法的なミスを犯しながら学習を始めるものです。それは学習プロセスの重要な部分です。

日記をつけることを日課にするなど、書く量を増やすことで、ライティングスキルを高めることができます。また、日記をつけることで、書いたものを一か所にまとめておくことができます。そうすれば、自分の上達を確認し、何度も繰り返し犯すようなミスに気づくことができるのです。

5) 英語が上達するには何を書けばいいでしょうか?

読書と同じように、自分の興味のあるテーマまたは専門とする分野について書くことで、知識を広げながら、継続して英作文に取り組むことができます。新しいこと、興味がわくこと、情熱を注げる話題について書きましょう。英文を書くことで、英語で考えることができるようになります。

また、あるトピックについてどれだけ幅広く英語で書けるか、自分自身への挑戦にもなります。

表現力を向上させる目的で日記を書く

6)知識を定着させるには

英語で文章を書いた後、自分がどこまで上達したかを確認するには、英語の知識がある人に校正してもらい、どこが良かったのか、どこに間違いやスペルミスがあったのかを知るのが一番かもしれません。

他人のフィードバックを通じて、例えば動詞の活用、スペル、文の構造など、よくある間違いのパターンを特定することができます。また、あなたが考えていることを表現するために、新しい創造的な方法を勧めてくれるかもしれません。

何を間違ったかを理解したら、同じトピックについてもう一度書いてみるのもいいかもしれません。もう一度書くときは、前回と同じ間違いをしないようにしましょう。2回目も完璧ではないかもしれません。でも、英作文をマスターするのは一朝一夕にできることではありません。辛抱強く続けましょう。『継続は力なり』です。

まとめ

これらのテクニックを応用することで、ライティング英語力を向上させるだけでなく、英語学習プロセスを新たなレベルへと押し上げることができます。英語のライティング力を向上させるいくつかの方法を説明したので、それをヒントにあなたも英語のライティング力を向上させる練習を始めてみませんか?

-英文ライティング

© 2022 英語をマスターしよう、英語上達への道