英文ライティング

英文ライティングを上達させるコツ

中級レベルの英語力を持つ人の多くが、「どうすれば英語の文章力を高めることができるのでしょうか」とよく質問します。

この質問は、英語を母国語としない大学生、大学院生、学者、作家、専門家などからよく聞かれます。

以下に、分野や業種に関係なく、参考になるいくつかの具体的なヒントやアドバイスを挙げてみます。

読書は金なり

まず、英語の文章を上達させるのに最も必要なことは、「徹底的に英文を読む」ことです。

多くの本を読めば読むほど、早く上手な文章を書けるようになるというのが、まさにゴールデンルールです。

継続的かつ一貫した読書は、特定の文章構造、ボキャブラリー、単語やフレーズの組み合わせなどを習得するのに必ず役立ちます。

これは、時間の経過とともに、間違いなく、言語感覚が研ぎ澄まされ、書かれた英語の役割を自然に理解でき、語学の才能が磨かれるはずです。

また、多読は自分では気づかないうちに、文法の力も格段に向上させることができるのです。

ただし、読む本やドキュメントはすべて信頼できる情報源から入手したものであり、また読んで学習している内容が高い英語レベルで記述されたものであることを確認し、安心して学習し、真似ることができるようにしましょう。

言語関連コンテンツについて研究する

英語を母国語としない大学生、大学院生、専門家、その他の人々が書く英語をレベルアップするのに取るべきもう一つの重要なステップは、有益で教育的な言語関連コンテンツについて研究することです。

多くの人が、英語の書き言葉について、記事、エッセイ、学術論文、研究などの形で書いています。必要なのは、書かれたものを探し、注意深く目を通し、そこから学ぶことで、英文記述に関する知識をさらに深めることです。

英文資料の入手元

英文に関する資料を入手することは、最も重要なことです。

英文に関する知識の大部分は文法であるため、文法に特化した書籍にアクセスすることが必要です。今日では、図書館などで簡単に見つけることができるし、ブックストアや通販で購入することもできます。

多くの作家や学者が、英文法に関する非常に興味深く、有益で役に立つ本を出版しています。

また、インターネット上でも有用で価値のある情報を見つけることができます。言語とその話し言葉や書き方に焦点を当てたウェブサイトが何千、何万と存在します。

このようなウェブサイトやブログ、フォーラムを定期的に閲覧して、そこで議論され説明されている有益なコンテンツを読むようにしましょう。

自分が書いた英文を校正してもらう

実際のところ、自分の悪いところを指摘され、校正されて初めて学ぶことができるのです。母国語の言葉を覚え始めた頃、宿題を採点してもらい何が正しくて、何が間違っているのかを知ることがよくあったのではないでしょうか。

ですから、もしあなたが英語を母国語としない大学生、大学院生、学者、専門家で、書く英語の上達を望んでいるなら、あなたが興味を持ち、熱中しているテーマについて、100ワードでもいいから自分で短い文章を書いてみてください。

そして、それを英語の文章を書くのが得意な友人や同僚、できれば英語の文章表現に精通しているネイティブスピーカーにみてもらってください。あなたの原稿に間違いがあれば指摘してもらいましょう。

1日に1つ学ぶとしても侮ってはいけません。英語のライティングを学びマスターすることは、まさにレンガを1個ずつ積み重ねた結果、できた巨大なビルのようなものなのです。

エッセイ、論文、プレスリリース、記事など、あらゆる形式の文章をプロの校正サービス業者に校正・編集してもらっている場合は、自分の英語の中で努力し改善すべき重要な部分は何かを聞いてみてください。

このような情報を教えてもらうと、特にどこを努力すべきなのかがわかり、正しい道筋が見えてくるので、大いに役立ちます。

-英文ライティング

© 2022 英語をマスターしよう、英語上達への道